Fishes of Kii Peninsula

紀伊半島のさかな

カゼトゲタナゴ

カゼトゲタナゴ 九州北部河川 -0.5m

九州シリーズ、続きます。今回の九州遠征でもっとも撮影に時間をかけたのはこのカゼトゲタナゴだったかもしれません。本種はバラタナゴ属に属する小型のタナゴ類で、九州北部にのみ自然分布します。際立った派手さこそありませんが、赤く色づいたヒレや口元、尾柄部のブルーのラインをもつ清楚で美しい魚です。

今回は2水系、4か所で撮影しましたが、いずれも透明度が高いとは言えない水路や平地の小河川です。一方でカゼトゲタナゴ自体の警戒心はタナゴの仲間としては比較的うすく、じっと慣らせば目の前まで来てくれるため、撮影自体はそこまで難しくないという印象でした。特に遠賀川水系の撮影地では運よく産卵母貝であるイシガイ類が埋まっている場所を発見し、縄張りを張るオスや”貝覗き”をするペアなど繁殖に関連した一連の行動を楽しめました。最後の動画は”貝覗き”をペアのシーンです。

"貝覗き"するペア

 

camera : E-M1 markⅡ

lens : M.ZUIKO DIGITAL ED 12-45mm F4.0 PRO, M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

strobe:D-200, D-2000

アリアケギバチ

アリアケギバチ -1.0m 大淀川水系

宮崎県大淀川水系で撮影したアリアケギバチです。本種はギバチ属4種のうち九州に分布する固有種で、黄色みの強い体色と深く切れ込まない尾鰭が特徴です。本種はかつて九州各地でごく普通にみられた魚だったようですが、現在、移入のギギの分布拡大により急速に個体数が減少していることが明らかにされています。これは東海地方においてギギがネコギギに置き換わっている現象と全く同じであり、同属他種に比べ大型に成長するギギは移入先でも優位にふるまえるようです。
性質はほかのナマズの仲間と同じく光に敏感で、水中ライトを当てると嫌がって逃げるか物陰に隠れてしまいます。こうしたときは広い範囲を探して、撮らせてくれる大人しい個体を見つけるしかありませんが、幸いにこの場所は生息数が多く、すんなりとのんびりした個体を見つけることができました。

 

camera : E-M1 markⅡ
lens :M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
strobe:D-200, D-2000

コウライオヤニラミ

コウライオヤニラミ 大淀川水系 -1.0m

宮崎県大淀川水系で撮影したコウライオヤニラミです。本種はその名のとおり朝鮮半島原産の2017年に初確認された新顔の外来魚で、現在この大淀川水系のとある支流でかなり繁殖してしまっています。
日本のオヤニラミに比べると細長い体形で身体の地色は黄色っぽく、黒色横帯が目立ちます。なにより大きく異なるのはその生態で、在来のオヤニラミ抽水植物の影や流木などの障害物まわりをホバリングしていることが多いですが、本種はとにかく石が好きで根魚のように川底に張り付いていることが多いです。特に淵尻の大岩がごろごろしている場所では個体数も多く、そこかしこで見つかるという状態でした。性質は臆病ですが同時に好奇心も強く、潜っていると遠巻きにこちらを観察してきます。

大岩の周りを好む。まるで根魚。

実は5年前の移入が噂されていた時期に全く同じポイントに潜ったことがあるのですが、そのときは姿を捉えることができずに終わりました。それから5年、初確認からわずか数年でよくもまぁここまで増えたものだと感心するほどの個体数が定着してしまっています。当然ここまで増えると生態系に何かしらの影響が出てくるもので、5年前にたくさんいたヨシノボリの仲間を今回は1匹も確認することができませんでした。コウライオヤニラミは転石帯の水底付近を主なハビタットとするため、似たような環境を好むヨシノボリの仲間はすべて捕食されてしまったのかもしれません。また、大淀川水系には本水系固有種のシマドジョウ、オオヨドシマドジョウが生息していますが、底生魚である本種への影響も懸念されます。実際に大淀川水系におけるコウライオヤニラミの分布拡大の影響を調査した日比野ほか(2022)ではオオヨドシマドジョウがコウライオヤニラミの侵入以降大きく数を減らしてしまっていることが示されています。

コウライオヤニラミがどのように大淀川に侵入したのかは不明ですが、本種を含む大陸産のオヤニラミ属魚類は複数種が観賞魚ルートで流通しており、そこから飼育遺棄あるいは故意に放流された可能性も考えられます。本種をはじめとした温帯産の肉食性魚類は野外に放逐された場合、容易に定着し生態系に被害を及ぼす可能性があります。そして定着した場合の駆除は極めて困難です。個人のモラルに頼るのも限界がある以上、こうした魚類の流通・飼育についても何かしらの規制が必要な段階にきているのかもしれません。

幼魚。個体数は多く見られた。

2017年に撮影したヨシノボリの一種。今回は全く確認できなかった。

camera : E-M1 markⅡ

lens : M.ZUIKO DIGITAL ED 12-45mm F4.0 PRO

strobe: D-200, D-2000

 

引用文献

日比野友亮・緒方悠輝也・松尾 怜・大衛亮正・小原直人・栗原 巧・斎木悠亮.2022.大淀川水系におけるコウライオヤニラミの分布拡大と推測される在来魚類に与える影響.Ichthy, Natural History of Fishes of Japan, 16:18-24.

イシドジョウ

九州北部河川 -0.5m 5月

九州北部の河川で撮影したイシドジョウです。本種は中国地方西部と九州北部の限られた範囲にのみ分布するシマドジョウの仲間で、その名のとおり河川中上流域の浮石が豊富な場所に生息します。
眼の直下まで走る特徴的かつ美しい体側縦帯をもち、この特徴からほかのシマドジョウの仲間と見間違えることはりません。細長い体形が似ており、上流域を好む生態からもアジメドジョウに似てるな~という印象をもちました。
今回、撮影は2日にわけて行ったのですが、初日に入った過去に採集実績もあるポイントではわずか1匹を見たのみとほぼもぬけの殻で、2日目に入った上流側のポイントでようやく多数の個体に遭遇することができました。このポイントではオスメスともにかなりの数が集まっており、こうした河川内での移動と集合はひょっとしたら繁殖に関係した行動なのかもしれません。なお、本種の繁殖期は春から夏の間と考えられていますが、詳しい産卵生態および初期生活史は不明とされています。

 

岩の上で佇む

camera : E-M1 markⅡ
lens :M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
strobe:D-200, D-2000